FC2ブログ

スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小風 ~原田side~ 

2015, 12. 24 (Thu) 00:00

 クリスマスイブですね~。でも再UPです、です。
 原田さんのイメージは風なんですよね、私。
 なので、こんなタイトルになってます。
 
 お仕事帰りにきれいなイルミネーションが見られるから、ま! いいか。

 (先日、お返事不要のコメントを下さった方、ありがとうございます。でも、気にしないでね)
小風
原田Side


 見つけた居場所は異国だった。
 この広い大地だった。
 ここを俺たちは選んだ。
 俺たちの生きていく場所として……。
 そうして俺たちは選んだ。
 新選組よりもお互いを……。

 なぁ、千鶴―――。
 俺たちが欲しかったものを手に入れるために随分と遠くへ来ちまったな。
 さみしいかって?
 そんな顔すんな。
 さみしいさ、俺だってお前と同じように……。そうじゃねぇって言ったら嘘になっちまうだろう。
 違うか、千鶴?
 奴らは今も戦場にいるんだろうか……。
 こんなに遠くじゃ、わからねぇな。
 生きるか、死ぬか。いつだって刹那の瞬間に俺たちは生きてきた。
 けどな、後悔はしてねぇんだ。多分、あいつらだって同じだろう。
 だって、そうだろう。
 あの場所だったから、お前と、それから奴らと出会うことが出来たんだからよ。
 うん? ああ、そうだったな。お前、始めは俺たちを怖がっていたのに、いつの間にやら立場が逆転することになっちまったな。
 けどなぁ……。知ってるか、千鶴。
 相手に先に惚れた方が負けなんだぜ。
 だから俺は最初からお前に負けっぱなしだ。
 笑ってんじゃねぇよ。いい女ってのは勝負にも強いもんだって新八が言ってたし、な!
 なぁ、お前は父ちゃんよりも母ちゃんが強くたってかまわねぇよな。
 こいつもそうだって笑ってるぜ。
 だろ、千鶴!
 だけど、ここへきてからの毎日が精いっぱいで、ちび助が出来たのも早かったから、お前は本当に大変だったよな。
 それがすっかり母親の顔していやがるんだから、女ってのはすげえよ。
 ちび助が生まれた日の朝……。
 お前は痛みに耐えながら、それでも笑ってたよな。
 こんな痛みなんて、大したことないのだと言って……。
 お前の方がずっと覚悟が出来てたんだろうな。本当に男親なんて役にたたねぇと心底から思ったぜ。
 まるで光を集めたような笑顔だった……。
 これが母親になる女なんだと思ったよ。
 本当に、男は女にかなわねぇんだな。
 命は女に託されている。男はその命を護ることを託されてるのかもしれねぇ。
 そう思わねぇか、千鶴……。
 これからはお前とちび助を護ることが俺の役目だ。
 嵐のようだった、あの新選組で過ごした日々。
 またそんな嵐がやってくるのなら、俺はまたこの手に槍を握るだろう。
 そう、それが俺の正義だからだ。
 だから、今はこうしてお前たちの笑顔を見せていてくれ。
 親子三人で笑いながら日々を暮らそう。
 嵐のような日々がもう一度やってくるとしても、俺たちならきっとその嵐を乗り越えていくことが出来るから……。
おしまい

 原田さんSideをお送りしました。
 千鶴ちゃんが三人称だったので、原田さんも三人称にしようと思ったんだけど、長くなりそうだったので、一人称に変更。
 バランスが悪くなっちゃったかなぁ。
 ゲームの中では平ちゃんに次いで、ラスボスを倒すのが早い時期の原田さん√なので、大陸に渡ってから、みんなのことを考えたりもしたんじゃないかなと思いまして、こうなりました。
 原田さんが自分の子どものことをちび助と呼んでますが、公式で名前出てないので名前はあえて考えませんでした。(この話ではね)
 史実だと原田茂でしたね。ご長男の名前が……。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。