FC2ブログ

スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めいこい映画、観てきました(^^♪ 

2016, 05. 19 (Thu) 00:00

 第二弾であり、鏡花編の完結編になる映画「花鏡の幻想曲」を見てまいりました。昔、懐かし上映会(知らない人がほとんどだろうね、昔はファンが16㎜の映写機の免許を頑張って取って、自分たちで公民館などで上映会をしたんだよぉ~)の雰囲気が懐かしいww

 感想はネタバレになるので、折りたたみます。
 あくまで鏡花√の内容の映画にプラス岩崎桃介の紹介という感じなので、他のキャラの出番は少ないです。(前回はまだあった方だったんだなぁとしみじみ)

 前作で「夜叉ケ池」の登場人物である白雪を取り戻した鏡花ちゃんと芽衣ちゃん。そして、今回はその舞台の開幕から始まります。
 鳥海さんの白雪は名演技ですぅ。そして、その打ち上げに現れて芽衣ちゃんに頼みごとをする桃介。母の形見の鏡の欠片を物ノ怪から取り戻すのを手伝ってほしいと申し出ます。そして、積極的に芽衣ちゃんに絡む、絡む。
 鏡花ちゃんが嫉妬するのはお約束ですね(笑)

 でも、桃介が芽衣ちゃんにこんな頼みごとをするのには裏があり、また芽衣ちゃんも平成に戻る時間が迫ってきて……。(このシーンのチャーリーさんは何気に行けずだと思うんだよね、〇ゾ属性なのに)
 
 上映時間も1時間という短さなので、うーん、という感じがするのは仕方ないかもですねぇ。特に森邸組はかわいそうだったかもほとんど出番なしだったしなー。

 舞台が春草√なので、こうなるのかもですねぇ。永遠にチャーリーさんが主役になることはないんだろうな、(ノД`)・゜・。

 そんなことを思いつつ、頂いた缶バッチをどうしようと、また頭を抱えるのでした。(基本的に使えるもの以外は買わないんですよね。
缶バッチより栞が欲しいと思う私でありました)

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。