FC2ブログ

スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋発売はこれを予約♪ 

2016, 10. 02 (Sun) 05:08

 相変わらず、お話の更新のない私。
 今回のとうらぶの戦力拡大キャンペーンが鬼畜すぎて泣いてます。(でも、今回は検非違使が源氏の兄弟をたくさん落としてくれてます、あはは)
 念願の貞ちゃんも手に入って、早く残りを終わらせて、経験値2倍で亀甲貞宗を手に入れに行きたい~。

 で、予約受付が始まった(というよりも特典決めてますが)秋発売のゲームの予約しましたよ♡

 「Code:Realize ~祝福の未来~」は密林さんで限定版。
 「剣が君百夜綴り」はメイトさんでメイトさんVerの限定版。

 二つ共に全額支払い<密林さんは口座にお金入れただけだけど)済みです。

 「薄桜鬼 遊戯録」は申し訳ないけど、あのミニゲームが面白いと思えないので今回は買いません。真改キャラを加えた新作部分もあるそうですが、作品全体としては(-ω-;)ウーンだったもので。

 それに10月に古本まつりが待っているのも大きな理由ですけどね。今年こそ、今年こそ、「静かなドン」と「大菩薩峠」を手にいれるんだい。あと例年通りに「アラビアンナイト」アラビア原語訳版の続きを買います。さすがに全巻28冊を一気に買えないので、一年に2冊と決めて集めてます。

 と、いうよりまとめ買いしたら絶対に積んであるだけど満足する、絶対にする! なので、ゆっくり集めるのが良いのです(笑)

 昨日はご存知の方もいるかもしれませんが、小松エメルさんの新選組小説がようやく文庫になり手に入れました。文庫化待ってたぁ。
 「夢の燈影 新選組無名録」という本です。土方や近藤、沖田のように活躍したわけでも、一般に知られていない隊士の物語です。最初が井上さんっていうのがもう(´;ω;`)

 元々、新選組が大好きな私はこうゆう本を待っていたような気がします。時代劇作家の人たちが司馬遼太郎を越える新選組小説を書くんだという気骨で作品を書かれています。私はそんな作家方の作品を待ってます。誰も書かなかった新選組の隊士の物語を読むのにはタオルが必須です。

 そして並行して、司馬先生の本や史料を漁る日々。でも、進まない(´;ω;`)
 気長に待ってくださいね。
 さぁ、皆が起きてくるまで本を読もう。これは薄桜鬼も新選組も関係ない本です。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。