FC2ブログ

スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存報告と「新選組厳しめ」って何!? 

2017, 05. 16 (Tue) 00:00

 最近の状況について書いてます。
 
 人によっては書かれている内容に、気分を害することがあると思いますので、折りたたんであります。

 1:「新撰組厳しめ」の作品に対する私の意見
 2:最近の同人ファンの人に対する私個人の意見

 近況報告にこの二つについての意見を書いてあります。(私の考えを厳しいと感じる人もいると思いますので)

 なので、嫌だと思う方はこの先を読まないことを進めます。はい、きちんと注意書きしました。
 ですので、読んでからの苦情、クレーム、意見は受け付けませんのでよろしくお願いいたします。

 それでもいいと思う方はお進みください。
 取りあえず、生きてます。
  
 個人的にショックなことと体調不良が重なってます。(きちんと病院へ通院して治療中ですので、それだけはご安心ください)

 そうしたもろもろのことが、2次活動やものを書くことが解消されればいいのですが、最近ピクシブで見つけた「新選組厳しめ」というわけのわからない作品を目にして、これもストレス解消にならず。(因みにクッションページなし、注意書き無し。タグだけじゃわからない人も多いと思うんですけどね!!)

 私は元々、新選組のファン。薄桜鬼のファンになったのは、新選組+吸血鬼ネタだったからなんですね。(吸血鬼関係も専門書を買いこむほどの好き)
 私が見たのは千鶴ちゃんを憐れんだ永倉さんが彼女を助けるために高台寺党入り? ありえないし、記録では婦女暴行をした隊士を即刻で切腹にした土方さんが千鶴ちゃんが羅刹を目撃したという理由で幹部全員で虐待した挙句に病になったことにも気が付かないで死亡させる? そのことが会津藩にばれて新選組を取り壊し、土方さんたち幹部は鳥羽伏見から始まる戦に参加できず飼い殺し? (これは内容をかなり端折って書いてます。作品は本当に幹部の人たちが好きなら、特に土方ファンは読まないことをお勧めします)

 新選組ファンとしてはひどいとしか言えない内容ですね。じゃあ、読むなよ、と言われると思いますがきちんとした注意書きなしでしたので、最悪の出会いをしてしまいました。

 そして書いた人が薄桜鬼って子孫の人がプレイしたら、苦情が来るよね、コメント欄で言いたい放題。全くどの口がいうのやら。(驚きすぎて、へこみました。とうらぶの乗っ取りとかブラック本丸とは全く違いますね。刀剣乱舞はあれだけいろいろあったので発表される人もタグ付けやクッションページもきちんとしていますから) それでなくても土方家の現在の当主の方ですら、いまだに人殺しの子孫といわれるのに、こんなの読んだらさらに最低な気持ちになるでしょうね。

 SNSの世界ではなにを書こうとそれは自由だと思いますが、ですが、本当に注意書きって大事ですよね。

 書いている人と何かを話したことも感想を述べたこともありませんが、こういう嗜好の分かれる作品はマイピクか、きちんと注意書きをしてくださいと思う私が変なんでしょう。書く人が新選組が嫌いでも結構ですが、薄桜鬼って新選組の物語だから、それを戒める、厳しめるというのならば、きちんと読者にわかるようにするべきだと私は思うんのですが、書く人から見れば私の方がおかしなケチをつける変人なんでしょう。そう私のような考え方がおかしいんでしょう。(本屋で購入した場合は運が悪かったと、選んだ本を売却本の仲間に入れるだけですけどね)

 そんなこともあり、同じように見られた嫌だなと思う気持ちもあり連載中の薄桜鬼の作品を書くことにためらいを感じています。

 幕末の小説を書かれている歴史作家の方の素敵な作品を読み、友人から教えてもらった日野や多摩の歴史を絡めて作品を書きたいと思うこともありますが、続きも新作も書く気が起こらないんですね。他人の影響って大きいですね。

 木内昇先生や秋山香乃先生、天野先生の一冊、一冊に時代小説への愛が感じられる作品を読み続けていましたから、余計にそう思うのでしょう。(最盛期に540人もの隊士を抱えて、しかもあの法度があっても抑えきれない。喰い詰めた挙句の新撰組入りの人もいたようですしね。そうした人物、無名な隊士にまで愛情をこめて書かれた作品は司馬先生や池波先生の作品と共に私の宝物です)

 愚痴、愚痴、といろいろ書きまして、すいません。でも、こんな状態なんですというのだけは書いておかなきゃなぁと思っていましたので、書かせていただきました。流石に半年近く放置してましたので、あはは。

 ですが、私も同人歴が長いですが、最近のファンは理解できない考え方をするたくさんの人が居ますね。(同人誌買ったら5日以内に感想を送るのが社会人として常識だとか、意味が分からん)

 また体調がよくなりましたら、続きを、ちまちまと書くと思いますので、気長に待ってくださるとうれしいです。

 薄桜鬼の作品を書きたくないと思ったのは「新選組厳しめ」作品を運悪く読んでしまったの一番の原因ですからって、しつこいですね(笑) その記憶が薄れれば書きたくなると思いますので、今は作品を書くよりもゆっくり体調を治して、読めていない歴史書やドキュメンタリーを読むほうが楽しいですし、専念したいですね。(あとは同伴付きですが、美術の展覧会ですね)

 ああ、来週末の秋山先生たちの「幕末最大最強の軍師は誰だ」の会は参加したかったなぁ。私、秋山先生がTwitterで呟いた時に「ぜひやってください!」、ってほぼ言い出しっぺだったのに、現在の体調での参加は無理( ;∀;)
 因みに私の推しは大村益次郎です!! 個人的にはもし勝海舟が指揮を取る艦隊が榎本さん率いる艦隊と戦をしたらどうなんるのか、と提案された先生の意見にとても興味があります。先生方、仮想戦記書いてくれないかなぁ。

 お目汚し、失礼いたしました。

 あと一つだけ、「新選組厳しめ」の作品を書きたい人は書けばいいとは思ってます。やめろ! なんて私に言う権利はないですから、それだけは誤解のないように申し上げておきます。ピクシブも読みたくない人の作品を検索除けできればいいんですけどね。

 気候が不安定な日々、皆さんも体調を崩されませんように。Twitter、ほとんどリツイですが、やってます。基本的に本とか展覧会へ行ったことぐらいしか呟いてませんが、こちらよりはいますので、生きてるかどうかは気になる方はそちらで確認願います(笑)

 では。

BY アリアンロッド
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。